片岡薬局薬局

今村春子さん、片岡幸枝さん

お客さんの「あったらいいな」を取り揃える やさしい人柄と柔らかい笑顔があふれるあったか薬局

創業はなんと江戸時代の万延元(1860)年。薬種業に原点がある片岡薬局は、創業以来変わらずこの通りで店を構えています。このお店を切り盛りするのは薬剤師の片岡幸枝さん。困りごとや悩みごとを聞いて薬の説明をしてくれるので不安を取り除いてくれます。片岡さんのサポートとして調剤補助をつとめるのは、今村春子さん。40 年以上のベテランで、注文応対から手配までテキパキとこなします。 長年、この場所で石引商店街を眺めてきた2 人。「昔は入院患者さんの付き添いの人のための旅館やお見舞い用の花屋さんなど、病院に関連するお店がたくさんありました」と周囲の街並みや当時の活気について懐かしげに語ってくれました。 こちらのお客さんには年配の方が多いとのことで、薬だけでなく「あったらいいな」というような生活用品まで扱っています。注文があれば、金沢市内全域配達もしてくれるそう。2 人の思いやりいがあふれた薬局です。

お店のワンポイント

店内に飾られている東山魁夷の『花明り』。絵画は先代・片岡さんの旦那さんの趣味だったもの。お店の雰囲気を反映するかのようなやさしいタッチの絵です。

「スーパーへ買いに行くほどではないけれど…」と思ったときに一緒に買えるのがうれしい日用品も販売。飴は「しょうが湯」や「のど黒飴」などちょっと渋めのセレクト

片岡さんが奥の部屋で薬を準備している間は、レジ前のソファで少しばかり休憩を。テーブルの上には「退屈しないように」と書籍やパンフレットなどの読み物が並んでいる

店の前のベンチは、歩き疲れたときなど「休憩にどうぞ」という思いから片岡さんが設置。今日も道行く人のひと休みスポットとして安らぎを与えている

片岡薬局

薬種業を原点とし、薬剤の卸業などを経て20 年ほど前に調剤薬局を開業。柔らかな笑顔で2 人が出迎えてくれる、やさしい雰囲気の店。配達なども請け負います。

住所金沢市石引2-7-9