𠮷田リビング荒物店

手に馴染めば料理がますます楽しくなる 国産にこだわる一生ものの調理用具

店内に入ると、出迎えてくれる店主の飯倉赫子さん。娘の依子さんも手伝い、鍋などの金物から台所用品、スリッパなどの生活用品まで扱っています。 もともとは赫子さんのお母さんの実家で、茣蓙店を営んでいました。祖母と伯母が2 人で営業していたのを飯倉さんが引継ぎ、4 代目に。昭和55(1980)年、ビルに改装するまでは中庭のある中3階建の町家でした。通り沿いに大きな窓のある町家で外から金色に輝く荒物が見え、軒先にも商品が並び、商店街を歩く人が足を止めていたそう。 1000 点以上ある商品は国産のものにこだわり、「ここの物なら安心」と特に料理好きな老若男女が多く訪れます。「良いものは20 ~ 30年でも使えるので手に馴染んで料理がスムーズにできます、環境にもやさしいですよ」。良いものだけを取り揃えた商品は使う人だけでなくモノを大切にする思いも込められています。

店主のお気に入り

趣味は20 年続けているという貼り絵。チラシや色紙を細かくちぎってはがきなどに貼りつけ、四季折々の花や景色を優しく色鮮やかに写しだしています。

メイド・イン・ジャパンの鍋は丈夫で長持ち!小さいものから大きいものまで家族や用途に合わせて。保温性や伝熱性にも優れ、ますます手料理が楽しくなる 1,980 円~(税込)

ちょこっとシリーズミニスライサー(左)ミニ千切り(右)

少しだけ薬味がほしいときや直接料理に盛りつけたいときなど、ちょちょいと簡単に調理できます。一人暮らしの人を中心に支持を集めるロングセラー商品 各780 円(税込)

お弁当箱

学生時代に使う人も多かったシンプルなお弁当箱。キャラクターが描かれたものは今では希少品。懐かしさから購入し、小物入れなどに使う女性も

鍋、お玉はサイズや用途に応じて少しずつ異なり種類豊富。マスコットキャラクター、あひるのヨシダックも店内の雰囲気を明るくする

𠮷田リビング

明治時代に𠮷田茣蓙店として当地で創業。創業当時から取り扱っていた荒物が現在は主流に。国産荒物にこだわり、長持ちすると常連さんからの信頼も厚い店です。

住所金沢市石引1-15-29